Works

No.1 Canvas

 

複数の電子楽器楽器が絡み合うことで生まれるノイズがもつ繊細な色彩を

まるでキャンパスに絵を描くかの如く視覚化することに挑戦したアートパフォーマンス作品

Canvas アートにエールを! 参加作品

canvasは透過素材で作られたシンセサイザーをアクリル板に設置し、背面投影によるプロジェクションマッピングの演出を加え、ノイズ音ががもつ繊細な音彩を、キャンバスに絵を描くかの如く視覚化することに挑戦したアートパフォーマンス作品である。
投影するマッピング映像は音の大きさや歪みにより常に変化し続けるため、ライブハウスで生のパフォーマンスを観客に届けられるのが1番ではあるが、昨今のコロナウィルスの影響で、その形が困難となったため、本作品の演奏風景を納めた映像作品として発表いたします。